1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

怪フォーラム 2016 in とっとり

16/9/15

今年の怪フォーラムは鳥取県境港市でおこなわれました。
いつものように写真を貼ってまいります。
もうすでに記憶が失われつつあります。あとでコメント追加したりするかもしれません。
kwaiforum_0915_01.jpg
前日入りいたしました。

kwaiforum_0915_03.jpg
水木しげるロードのこういう感じがいいですよね。

kwaiforum_0915_06.gif
こういう感じです。

kwaiforum_0915_04.jpg
鬼太郎さんとも出会えます。

kwaiforum_0915_05.jpg

kwaiforum_0915_07.jpg

水木しげる記念館さんにお邪魔しました。

kwaiforum_0915_09.jpg
物販用のサイン書きです。

kwaiforum_0915_08.jpg
一つとして文言はかぶっておりません。
ご購入された方、世界で一冊ですよ。

kwaiforum_0915_11.jpg
唐突に翌日ですみません。お化け大学校特別講義第1限用のリハーサルです。
パーカッショニストの渡辺 亮さんです。渡辺さんには第11回Reading Companyでもお世話になっております。

お詫びです。
第1限に参加予定だった宮部が諸事情により参加できませんでした。
ご聴講いただいたお客様、関係各社様心よりお詫び申し上げます。
誠に申しわけございませんでした。

kwaiforum_0915_13.jpg
急遽、山陰放送アナウンサーの秦まりな氏に宮部の代役をお願いいたしました。
突然のお願いお引き受けくださり本当にありがとうございました。

kwaiforum_0915_12.jpg
渡辺さんはいつ見てもかっこいいんです。

kwaiforum_0915_14.jpg
久しぶりにお化け大学購買部の店長さんともお会いできました。

kwaiforum_0915_16.jpg
山陰放送さんのテレビ取材も受けました。

kwaiforum_0915_17.jpg
合間合間に物販です。

そして第1限本番です。
kwaiforum_0915_43.jpg
演目は京極が以前書き下ろしたもの妖怪朗読劇『霊の故郷(みたまのくに)』です。

kwaiforum_0915_42.jpg

kwaiforum_0915_40.jpg

kwaiforum_0915_39.jpg
秦さんの朗読、渡辺さんの演奏素晴らしかったです。
京極は8人を演じ分けました。

その後、関係者、化け大の生徒さん方による交流会がおこなわれました。
kwaiforum_0915_19.jpg
マジカル河童ちゃんもおりましたよ。

kwaiforum_0915_21.jpg
写真掲載のご許諾ありがとうございます。

写真をご提供くださった化け大生徒さん方々ありがとうございました。
その後、京極と一緒に挨拶に行った際に撮影する事ができました。

kwaiforum_0915_20.jpg
そこでも物販です。
何故か天理大学のトートバッグを販売しておりました。

そしてまた唐突に翌日。
kwaiforum_0915_22.jpg

開会セレモニーです。
kwaiforum_0915_23.jpg

kwaiforum_0915_24.jpg
鳥取、岩手、徳島の三県知事、水木しげる先生の奥様の武良布枝様もご登壇されました。
荒俣宏先生や、小松和彦先生もご一緒です。

kwaiforum_0915_27.jpg
第3限の『水木大先生の思い出』に、荒俣先生、KADOKAWA 郡司氏と登壇いたしました。
モニタに映る写真を観ながら大先生の思い出を語り合います。

kwaiforum_0915_28.jpg
お化け大学購買部にて、荒俣先生のサイン色紙入り書籍のセット販売もおこなわれました。

kwaiforum_0915_29.jpg
買いたい衝動を抑えながら撮影しているのです。

kwaiforum_0915_30.jpg
妖怪大行進準備中の妖怪達。

kwaiforum_0915_31.jpg
河童とハイタッチ。

kwaiforum_0915_33.jpg

kwaiforum_0915_34.jpg
人力車に乗った武良布枝様を先頭に県知事さんや化け大教授、妖怪達、そして伝統芸能チームと練り歩きです。

kwaiforum_0915_37.jpg
化け大教授、県知事による「怪遺産大談議」がおこなわれました。

と、ここまでで「怪フォーラム 2016 in とっとり」終了です。
実際は写真で紹介したイベント以外にも、たくさんの催し物が行われております。
鳥取、岩手、徳島の三県の伝統芸能の披露などもあったようです。

来年は徳島です。またお餅もまくかもしれませんよ。
駆け足で写真貼ってまいりました。誤字脱字や記憶が蘇ったりしたら削除したり追加したりするかもしれません。何か大事な事忘れているような気がするのです...。
皆様ありがとうございました(オーツカ・ハル)。

kwaiforum_0915_kappasan.jpg
マジカル河童ちゃんの直筆サイン入りお名刺をいただきました!

本日発売です(9月8日)。

16/9/08

『完本 百鬼夜行 陰』『完本 百鬼夜行 陽』が本日(9月8日)発売です。
(地域によっては発売日が異なることがございます)
早いところでは、昨日の夕方から棚に並んでいたようですね。
hyakki_you_0908_01.jpg
オビ左部分に 期間限定「京極夏彦 朗読動画」を見よう! とあります。

現在、特別動画が配信されているのです。
期間は12月末日までのようです。

オビめくるとQRコードが載っているのです。
そのQRコードをリーダー(いまは標準でスマートフォンや、タブレットについているのでしょうか? 私は無料のリーダーをダウンロードしました)で読み取ります。
きちんと読み取れると下の画面が表示されますよ。

IMG_3838.jpg
京極の朗読が聴けるのです。ちゃんと『陰』と『陽』別ものですからね。
ご購入された方は是非聴いて(観て)ください。

今週末は「怪フォーラム2016 in とっとり 世界妖怪芸術祭」ですよ。
よろしくお願いします(オーツカ・ハル)。

遠野文化フォーラム『遠野物語』の新時代

16/8/26

岩手県遠野市に行ってまいりました。
「遠野文化フォーラム『遠野物語』の新時代 -平地人を戦慄せしめよ-」が開催されました。
と、講演・シンポジウムと続くのですが、その前に遠野文化賞の贈賞式がおこなわれました。
この度、京極が遠野文化賞を受賞いたしました。その贈賞式がおこなわれました。

【遠野文化賞】受賞理由です(会場で配布されたパンフレットより)。
 平成25年に柳田國男の『遠野物語』を読み解き、再構成して「同じ内容の違う作品」を作ることを試みた『遠野物語remix』を出版。平成26年には「遠野物語拾遺」を独立した作品と捉えて、「語り直し」という手法を用い再構築した『遠野物語拾遺retold』を出版した・
 また、平成28年4月からは「えほん遠野物語」シリーズ『やまびと』『まよいが』『かっぱ』『ざしきわらし』の刊行を開始している。
 これらの一連の作品は、若い世代を刺激し、『遠野物語』に新たな可能性を芽吹かせ、『遠野物語』から「遠野の物語」への飛躍につながるものとして、遠野文化賞の目的である「文化を活かした元気なまちづくり」にふさわしいものである。

と、パンフレットにはございました(全部KADOKAWAさんですね)。

toono_0821_02.jpg

遠野市長の本田敏秋様より記念の盾をいただきました。

toono_0821_03.jpg
ありがとうございます。

toono_0821_05.jpg
京極のスピーチです。

その後、「遠野遺産」の認定式や、「語り部」の認定式などもおこなわれました。
toono_0821_12.jpg
皆様おめでとうございます。

そして基調講演です。
toono_0821_07.jpg
演題は「遠野物語×柳田國男『遠野物語』」です。

そしてシンポジウムへ。
toono_0821_08.jpg
学習院大学文学部教授、遠野文化研究センター所長の赤坂憲雄氏、立正大学文学部教授 三浦佑之氏、そして文芸評論家、アンソロジストの東雅夫氏と京極の四名によるシンポジウム「『遠野物語』の新時代」がおこなわれました。

その後、一般の方もまじえての懇親会なども。
toono_0821_11.gif
地元のお料理とお酒をいっぱい堪能させていただきました。
ありがとうございます。

そしてもうすぐ境港ですよ。天気が良いといいですね。
とり急ぎ、写真にてご報告です(オーツカ・ハル)。

『妖怪造形の技法』

16/7/26

姫路でおこなわれた特別講演会に行ってまいりました。
兵庫県立歴史博物館さんでは、立体妖怪図鑑-妖怪天国ニッポンpart2-という特別展が開催されております。
会期は7月16日-9月11日までおこなわれております。
京極所蔵の張り子も数点展示されております。
この機会に是非是非。

当日、講演前に展示を観に行ってまいりました。
0723_himeji_01.jpg
学芸員の香川様の解説つきです。
写真は特別に許可を頂いて撮影しております。

何枚か貼ってゆきます。
少しでも雰囲気が伝われば。
0723_himeji_02.jpg


0723_himeji_03.jpg

0723_himeji_04.jpg
姑獲鳥も展示されております。

0723_himeji_05.gif

0723_himeji_14.jpg
張り子とともに運ばれたプラモデルの箱や、京極制作のからかさも展示されております。前にも書きましたが是非実物を見ていただきたい。

公演会場は博物館から少し離れたところです。
0723_himeji_08.jpg
今回の演題は『妖怪造形の技法』です。

館長の藪田さまからの見事なパスをいただきました。
0723_himeji_07.jpg
京極も講演の最中言っておりましたが、展示されていた明治時代の双六の中にとても気になるお化けが。これも是非博物館で。

0723_himeji_10.jpg


0723_himeji_09.jpg
その後、少しばかり館長さんと対談、そして質疑応答。
荒井良氏制作の張り子に関する質問も。魅せられてしまうんですよね、わかります。

講演会の後。
0723_himeji_11.jpg
ファインディング・ドリーの看板前で、友人の木場氏と記念撮影。

0723_himeji_12.jpg
ドリーは観ませんでした。

0723_himeji_13.jpg
なんと、絶対に買えないだろうと思っていた荒井さんの張り子のお面を買うことができました。とても嬉しいです(オーツカ・ハル)。

『夏の妖怪談議』

16/7/13

youkaidangi_0_20160712.jpg
『夏の妖怪談議』に行ってまいりました。
今年は東京の永田町でおこなわれました。

youkaidangi_2_20160712.jpg
この講座も五回目です。

youkaidangi_1_20160712.jpg
今回のゲストは京極(ゲストなんですよ)と林巧先生です。
この講座は多田克己先生の講座ですからね。

youkaidangi_3_20160712.jpg
林先生がお話になられたタイのメーナーク(メーナープ?)のお話が大変興味深かったです。
多田先生も仰っておられましたが『雨月物語』のようでした。

今年もまだまだあります。
姫路遠野に境港があります。境港は化け大です。告知はこれからかと。
境港には宮部も行きます(オーツカ・ハル)。

張り子達姫路へ出発。

16/7/07

twitterにも投稿しましたが、京極の文庫カバーにて使用されている張り子が5点ほど姫路に旅立ちました。
姑獲鳥や塗仏などが兵庫県立歴史博物館で開催される特別展「立体妖怪図鑑-妖怪天国ニッポンII-」にて展示されます。
開催期間は7月16日から9月11日までです。

あの張子たちを実際に目の前で見る機会は少ない(きっと)ので、是非この機会に。
hariko_20160707_1.jpg
美術品を輸送するプロの方々の手により梱包されてゆきます。

hariko_20160707_4.jpg
塗仏もこんな姿に。


hariko_20160707_3.jpg
京極私蔵のプラモデルも展示されます。

hariko_20160707_6.jpg
京極が25年ほど前に作った「からかさ」です。
これはもう是非会場で実物を見ていただきたいのでぼかします。ここまで作り込むのか、っていうくらい作り込まれております。
トップページにある目はこのからかさの目です。

7月23日には京極の講演(pdfが開きます)もおこなわれます。
そして張り子達の作者である荒井良氏の張り子のお面も販売されるようですよ。これはもう絶対に買いたい。開催初日に行ってでも買いたいです。

今週土曜は多田克己先生の「夏の妖怪談議」ですよ。当日券(7/7時点では)も出るようです。皆様のご来場お待ちしております(オーツカ・ハル)。

『東映60周年記念番組』から『かみニャり ごろごろ 猫集会』などなど

16/6/15

先日、調布の深大寺参道にある鬼太郎茶屋にお邪魔してまいりました。
touei60_01.jpg

東映アニメーションの清水慎治様と対談がおこなわれました。
touei60_02.jpg
この模様は東映アニメーション創立60周年記念特別番組 "栄光の60年!勝利の方程式にて放送予定です。
「ゲゲゲの鬼太郎」や水木しげる先生のお話などなど。放送日時などは、まだ予定となっておりますね、アニマックスさん加入しないと観れないんですよねきっと。加入されている方(もしくは加入を検討されている方)は是非是非。

そしてその後、その場でスカパー専門誌三誌の合同取材。
touei60_03.jpg

時間がとれず合同になってしまい申し訳ございませんでした。

そしてその後都内某所で「えほん遠野物語」の取材を、そしてその後、某社と打ち合わせ。
そういえば急遽決まった話なのですが今夏遠野に行く事になりました。また告知します。

続けてしまいます。
6月12日(日)に浅草でおこなわれた『かみニャり ごろごろ 猫集会』に参加してまいりました。
nekoevent_09.jpg
会場は雷5656会館です。

イベント名称は『かみニャり ごろごろ 猫集会』です。
趣旨などはリンク先をご参照くださいませ。

総合司会は町田尚子様です。
nekoevent_02.jpg
えほん遠野物語」でもタッグを組みます。冬に発売予定ですよ。

nekoevent_01.jpg
Izumi氏による『銀次親分物語』(KADOKAWA)や町田氏の最新作『ネコヅメのよる』(WAVE出版)も販売されておりました。
『ネコヅメのよる』ですが、ちょっと不思議な猫世界が垣間見えます。おすすめです。

nekoevent_03.jpg
豪華顔ぶれです。
波津 彬子様、深谷かほる様、加門七海様。
町田氏がいじり倒します。町田氏の金縛りの解き方に会場盛りあがりました。

nekoevent_05.jpg
京極は伊藤 潤二氏と二人でトーク、と言いますか町田氏も交えて三人でトーク。
町田氏の司会がホントに凄いんです。町田氏が笑うことで、お客様も(つられて?)笑うという。写真撮るの忘れて私も笑ってました。
メインは猫の話なんですよ。

耳だけじゃないんです。
nekoevent_06.jpg
肉球もついてます。

nekoevent_08.jpg
チャリティーグッズの販売もおこなわれました。京極は完全オリジナルのポストカード四枚セットで参加しました。

nekoevent_07.jpg
最後は皆さん登壇してトーク。加門氏の三本締めにて終了いたしました。
楽しいイベントでした。皆様おつかれさまでした。

7月は姫路に文庫の表紙になっている張り子の何点かと共に遠征します。
あの張り子を実際に見ることのできる貴重な機会ですよ。告知はこれからです(オーツカ・ハル)。

『香美異界談義 -いざなぎ流から妖怪まで-』

16/6/03

高知県に行ってまいりました。
国際日本文化研究センター所長の小松和彦先生と京極との対談がおこなわれました。
kamishi_20160529_01.jpg

こちらは『ユリイカ』(青土社)7月号用の対談です。この号は特集「妖怪」。
6月27日発売予定です。

そして翌日、香美市教育委員会主催のイベント『香美異界談義 -いざなぎ流から妖怪まで-』がおこなわれました。
高知に来た目的はこちらがメインです。

会場に向かう前に高知県立歴史民俗資料館さんにお邪魔いたしました。
6月26日まで『いざなぎ流の里・物部 -神々と精霊の棲むムラ-』が開催されております。皆様是非是非。
学芸課チーフの梅野氏にご案内していただきました。ありがとうございました。
kamishi_20160529_02.jpg
もちろん小松先生とご一緒です。

kamishi_20160529_04.jpg
そして会場の高知工科大学の講堂へ。

kamishi_20160529_03.jpg
残念ながら天候には恵まれなかったのですが。

kamishi_20160529_08.jpg
この広い講堂満席です。600名近いお客様がいらっしゃいました。

長いプログラムになっておりまして。
kamishi_20160529_09.jpg
先ず最初は小松和彦先生の基調講演『いざなぎ流の魅力と文化的価値』です。
私は「いざなぎ流」について予備知識が無かったのですが(スミマセン)、とても面白く拝聴させていただきました。

kamishi_20160529_10.jpg
京極の講演は『いざなぎ流の通俗的な受容について』です。
いつものように壇上で組み立てられたとは思えないような講演です。
メモをとられている熱心なお客様が多く見受けられました。

そして、物部いざなぎ流神楽保存会の皆様によるいざなぎ流ご祈祷舞と神楽がおこなわれました。
とてもステキな神楽だったので、写真多めに貼ってまいります。

個々の説明はできないのですが、少しでも雰囲気が伝われば。
kamishi_20160529_13.jpg

kamishi_20160529_14.jpg

kamishi_20160529_16.jpg

kamishi_20160529_17.jpg

kamishi_20160529_18.jpg

kamishi_20160529_19.jpg

kamishi_20160529_20.jpg

kamishi_20160529_21.jpg

kamishi_20160529_22.jpg
と、説明もなく申し訳ないです。
物部いざなぎ流神楽保存会の皆様ありがとうございました。
観ていてとても楽しかったです。

kamishi_20160529_24.jpg
高知県立大学文化学部教授 橋尾直和先生、資料館をご案内していただいた梅野光興氏、香美市教育長 時久恵子先生も加わり「いざなぎ流」についてのパネルディスカッションがおこなわれました。
コーディネーターは、高知工科大学 経済・マネジメント学群教授 中村直人先生です。

お足下の悪い中ご来場いただいた沢山のお客様、ご参加いただいた先生方、香美市教育委員会職員の皆様、その他関係者の皆様ありがとうございました。

kamishi_20160529_26.jpg
次回予告(初の試み)。

来週6月12日(日)は浅草で猫です(オーツカ・ハル)。

「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」

16/5/18

5月初旬、映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』トークイベントに行ってまいりました。
プロデューサーの坂本雅司様と対談がおこなわれました。
mangawo_01.jpg
「この世に水木しげるがいなければ、関東赤塚会や世界バカ協会を作っていたと思う」
ソフト館には赤塚作品も満載です。
皆様まだ映画公開中ですよ。是非是非。

mangawo_02.jpg
坂本様は「巷説ギャグ物語」を読まれてお声がけしてくださいました。

この間リアル南極さんから、ちょっとご連絡を頂いたのですが、『南極』の舞台があるかもしれません。
その際はまた告知いたします。

私は京極から『元祖天才バカボン』のDVD BOXもらったり、映画『天才バカヴォン -蘇るフランダースの犬-』のDVDをもらったり。京極はブルーレイで買い直しております。どちらも最高ですよ。
今ではテレビの横にモニタ置いて気が付くと「元祖天才バカボン」を再生しています。
(オーツカ・ハル)

盛岡にて講演会がおこなわれました(オーツカ・ハル)。

16/4/27

盛岡に行ってまいりました。
NHK文化センター盛岡主催の講演会『遠野物語にみる、生と死』がおこなわれました。
iwate_0426_02.jpg
『遠野物語』や、おしらさま、やまびとや河童の話などなど。

iwate_0426_03.jpg
ご来場いただいた皆様、職員の皆様ありがとうございました。
4月28日には汐文社さんから『えほん遠野物語』が発売されますよ。


iwate_0426_01.jpg
夜、食事に行ったお店が楽しかったです。店員さんによる、盛岡さんさ踊りの披露などが。

イベントはまだまだ続きます。
hyougo_0426_01.jpg
7月に兵庫県立歴史博物館で張り子が何点か展示されます。ポスター・チラシ用に学芸員さんがソフト館に撮影にいらっしゃいました。
告知はこれからですが、京極の講演会もおこなわれます。

そして、急遽決まった、ポレポレ東中野トークイベント高知県香美市でのイベントや、浅草でのチャリティトークショーや、多田克己先生の夏の妖怪談議(こちらは東京です)や、昨日決まった遠野(8月です。詳細はこれからです)でのイベントや、9月には境港へ行く予定です。

よろしくお願いいたします(オーツカ・ハル)。

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11