作家ブログ

大沢在昌 公式ブログ

大沢在昌 公式ブログ

ドラマ「冬芽の人」撮影現場

17/3/31

4月5日、水曜夜に放送予定のドラマ「冬芽の人」。

撮影は昨年の11月におこなわれておりました。

初日から5ヶ所を回るロケだったように、

このドラマは移動の多いハードスケジュール撮影。

寒い時季で天候も不安定...

おまけに最終日は都心でも雪が降るアクシデント...

でもプロフェッショナルなスタッフ、キャストの皆さまにより

作品は見ごたえのある人間ドラマに仕上がっております。

ひと足お先にDVDで完成品を観た大沢も納得、お薦め!

私(代理:ノリ)もたいへん気に入っております!

放送がある地区の方にはぜひご覧いただきたいです。

 

以下、撮影現場の様子。

ここは病院、集中治療室。

スタッフに指示を出す佐々木監督(左)。

 

冬芽ロケ2.jpg

 

ホテルのラウンジ。

手前はお客役のエキストラのみなさん。

 

冬芽ロケ3.jpg

 

都内、某高層ビルの屋上。

群衆を見守る主人公、牧しずりと元上司の刑事...

 

冬芽ロケ4.jpg

 

じゃなくて、

手前の後ろ姿は大沢さんと

原作小説の版元である新潮社の担当編集者F本さん。

撮影現場を見学させていただきました。

でっ二人の視線の先、

奥に見えるのが...って、小さすぎて確認できませんけども

鈴木京香さんと小池栄子さん。たしかにいらっしゃるんですよ。

 

佐々木監督がチェックしているモニターを見てください。

右に映っているのが鈴木京香さん、左が小池栄子さん。

 

冬芽ロケ5.jpg

 

出演者の情報など、詳細は...

「大沢在昌サスペンス 冬芽の人」オフィシャルサイト

にてご確認くださいませ。(代理:ノリ)

 

宮部みゆき 公式ブログ

宮部みゆき 公式ブログ

石猫

17/2/24

nekoishi_0224.jpg
 この2つの可愛い「石猫」は、石猫アーティストの阿曽沼一司さんからいただきました。眠っている茶トラの方は、昨年11月に虹の橋を渡っていったうちの茶トラをイメージして作ってくださったものです。
 今は毎朝、新しく迎えた子猫を抱っこして、この石猫さんたちに「おはよー」と挨拶しています。阿曽沼さん、本当にありがとうございました。

京極夏彦 公式ブログ

京極夏彦 公式ブログ

石黒亜矢子氏ご来訪

17/4/19

shinra_0419_05.jpg
SINRA』7月号-妖怪特集号-用に京極と画家の石黒亜矢子氏の対談がおこなわれました。対談だけでなく、京極が選んだ妖怪名所、妖怪の本、そして写真もいっぱい載る予定です。


石黒氏が色々探索されていたので、その様子の写真を数点。
shinra_0419_01.jpg
京極が水木しげる漫画大全集用の作業をしている様子を見学。
緻密な作業を見て驚愕(私が)。

shinra_0419_03.jpg
水木庵を見学。

shinra_0419_02.jpg
追悼水木しげる ゲゲゲの人生展で限定発売されていたピンバッジを額装したものが。
光っていて見づらくてすみません。これ私買えばよかったなあ、とちょっと後悔。
お財布と相談した結果見送ったのでした。

shinra_0419_04.jpg
荒井良氏の張り子がディスプレイしている部屋を見学。
写ってはおりませんが、石黒氏が映画「グーニーズ」もしくは「マッドマックス」のDVDを見て熱く語っておられました。

とりとめなくて申し訳ないです。
対談と合わせてこの様子が『SINRA』7月号に掲載されます。
しばしお待ちください(オーツカ・ハル)。

スタッフブログ

スタッフブログ

話題の韓国映画

17/3/28

今月日本で公開された話題の韓国映画を観てきました。

 

「哭声 コクソン」

 

コクソンl.jpg

 

 

「お嬢さん」(原題:アガシ)

 

お嬢さんl.jpg

 

 

「アシュラ」

 
アシュラl.jpg

 

 

3本とも見ごたえありました。

とくに「コクソン」は理解できない謎が今も残っていますが...

映画としてのスゴさはいちばんでした。

韓国映画はあいかわらずレベルが高いです。

この3人の監督に「大極宮」作家の小説を原作にして

映画を撮ってもらいたいなあ...と、夢をみてしまいますね。

もちろん「火車」のビョン監督にも。お願いします!

(ノリ)