週刊大極宮

HEADLINE RUMORS燃えよ山椒大夫安寿のがまぐち厨子王の逆襲編集者Sのウラ情報まるひの秘書ヒショバナシノリノリ編集後記アンケートから

- 第457号 - 2010/08/06
HEADLINE RUMORS 〜 風のウワサ
  • 更新のお知らせ
 次週、8月13日の「週刊大極宮」の更新は、スタッフの夏休みにつきお休みとさせていただきます。
 8月20日は通常どおりの更新となります。よろしくお願いいたします。

過去の大極宮へ
燃えよ山椒大夫 〜 大沢在昌のコーナー  
  • 民宿のオヤジ
 今年は大方の予想を裏切り、暑い日が続く夏休みになりそうです。
 そこでオイラは民宿の準備のため、コストコに買い出しに行ってきました。
 購入したのはハンバーガー用のバンズとパテ。
 バーベキューで焼いたパテをバンズにのせ、現地の勝浦で調達した野菜などの具材をはさんで食べるハンバーガーが、GWで大好評だったのです。
 そして、それに加えてこの夏はホットドッグバージョンも用意します。
 花火大会の日に別荘の庭でバーベキューをするのが毎年恒例となっているのですが、その前にハンバーガーパーティーもやってみる予定。
 そう…思いおこせば今から三十数年前、ホームステイで初めてアメリカに行ったとき、バーベキューをするぞと言われたことがありました。
 オイラは肉や野菜を金串に刺して焼いて食べるものだと想像しましたが、そのとき食べたのがまさに焼いたパテをはさんだハンバーガー。
 当時、これでもバーベキューと言うのかなあと思ったのを記憶しています。
 でも、実際に屋外で作って食べる自家製ハンバーガーは(まあ…当民宿の場合は、厳密に言うと自家製ではないんですけどね…)気分もかわって美味しいもの。
 その他に冷凍のフレンチフライなどもごっそり買い込んだし、ビールが旨いのではないかと思うわけであります。
 
  • 朗読会
 夏休みに入る直前、朗読会のための読み合わせがおこなわれました。
 今回は去年とちがって従来に戻すかたちで、各自によるソロパートと三人共演バージョンになります。
 共演作となる演目は、安寿の“泣かせる時代物”。

泣かせる時代物

 でっ、オイラのソロは…なんと言うか…じつにこっぱずかしい…今から20年ぐらい前に書いた短編です。ほんとうに…読んでいて汗が出てきてしまうシロモノなんです。
 どれぐらいこっぱずかしいかは…会場まで聴きに来られた方は、おわかりになるかと思います。
安寿のがまぐち 〜 宮部みゆきのコーナー  
  • ゲーム女の生きる道
 今週はお休みさせていただきます。
arrow 厨子王の逆襲 〜 京極夏彦のコーナー  
  • ◎今週のもろもろ◎
 仕込み仕事が多過ぎですね。
 本年は、どういうわけか例年平均価に対しておよそ4倍の仕事量になっておりまして、まあ粛々とこなしておるわけでございますが、それに加えて夏場は裏方仕事もどーっと増えるわけであります。化け大やら何やら。
 そんなわけで、某日オフィスにへろへろになって辿り着き、着くなり電話をかけまくっていた僕を見てですね、「あのさ、それはただの制作会社の業務連絡だから。つうか業界違ってね?」と、大夫さま呆れ顔。安寿姫も失笑。「裏方はこんなもんですよ」と、大夫に申し上げましたら、「普通小説家に裏方も何もないだろうよ」と、言われましたですよ。まったくおっしゃる通り。反論はできませんね。ええ。
 でもしかし、仕方がないじゃああーりませんか。
 と、いうわけで、考えてみれば裏方の仕事はこちらに書いてもしようがありませんので、沈黙いたします。はい。
 
  • ◎今週の読み合わせ◎
 そんなわけで、朗読会の読み合わせだったわけですが、僕が到着した段階でお二人のソロは終わっておりまして。大夫さまの「甘い甘い甘すぎる」ソロ(安寿姫・談)を、僕は聞いていないわけですね。
 もちろん安寿姫の「冒頭の一文でオイコラ、って思っちゃうよな」(大夫・談)も聞いてません。
 で、本年の三人朗読は、連年にない趣向。
 あれやこれやと調整やら打ち合せやらいたしまして。まあ、もう次は本番みたいなものですから入念に意見交換をいたします。
 何だか今年は例年と雰囲気が違う作品が揃いましたようで。
 で、最後に僕のソロパートの時間を計ったわけですが。
 僕は……変わりません。墓場系ですよ。僕はおんなじですねえと申し上げましたら、大夫がひと言、「いや、いつにも増して気持ち悪いよ」と仰いました。
 そうですか。ええ、そうですよ。そうだとも。
 
  • ◎今週の掲載誌◎
 なんだか雑誌がたくさん届きまして。おいおいなんだろう、こんなオサレな雑誌は購読してませんよ似合いませんしと思ったら、自分が載っていましたとほほほほ。
 掲載情報はトップに載っているはずです。
 たまに洩れもあるようですが、ごちゃごちゃあってバラバラ出るのでご容赦を。
 
  • ◎今週のヒミツ◎
    •  と、いうわけで今日はビーケーワン怪談大賞の選考会なのですが、それが終わった後、なぜか選考委員の東・加門・福澤さんと合流します。平山夢明・黒史郎も一緒です。
       何故かというと、言えません。
       で、明日は岩井志麻子さんや立原透耶さんなんかとも一緒です。何故かというと、秘密です。
       悪いのは全部、編集Rです。と、いうわけで出掛けます。
       そんなこんなで、生きていたなら再来週。来週はお休みだそうです。
編集者Sのウラ情報  
  • 夏と言えば……
 ↑のとおり、昨日(5日)、今年の朗読会の読み合わせが行われました。いよいよだなあと、思う瞬間です。今年で回を重ね9回目。年に一回とはいえ、三人ももうベテラン!? 
 いやはやたいしたものです。何の不安もありません。ソロバージョンはいつもの三人のキャラが全開ですが、一番の聴きものは大夫かもしれません。なぜか。それは現場で、とさりげなくPR。かつてはあんな作品も書いていたんだと、いうことで。 
 読み合わせと同時にパンフレット用の鼎談も収録しました。今回も、絶対載せられないよなという危ない話も飛び出し、読み応えのある内容になりそうです。
 何度でもかきますが、朗読会は11月6日(土)ですよ。
 さてそろそろ皆さんも夏休みという方も多いことでしょう。どう過されるのでしょうか。暑い中、どこへいっても疲れるだけですから、涼しい部屋で「あんじゅう」と「西巷説百物語」を読んで過すというのはいかがでしょうかと、これまたPR。京都の「化け大」でも安寿のゲスト出演が決まったようで、やっぱり夏はお化けですよ。
まるひの秘書ヒショバナシ  
  • 今週の厨子王原稿メール件名
 大極宮テレビ寄席
 実は宮部のあの作品が落語に(まだ内緒)。
ノリノリ編集後記  
  • 夏休み
 暑さはちょっと落ちついてきた感じはしますが(少し慣れてきただけかな)、先の猛暑ですっかり気力と体力を奪われてしまったようで…山登りをはじめとする夏休みらしい予定がまったく計画できていません。ダメだなあ…。
 とりあえず、都内の涼しい場所(具体的に言いますとエアコンが効いているところ)でやっているイベントにでも足をはこんでみようかと思っている次第です。
(発売中のNumber759号は読みごたえあります…ノリ)
アンケートから  
  • 裏大極宮猫
画像加工の技術、どんどん上達されてますねぇ。私個人は猫の写真がいちいち可愛いと思うので、ときどきまた載せてほしいです。

・ありがとうございます。これからも頑張ります(ヨーコ)。

裏大極宮へ

- 第457号 -
2010/08/05