大沢 在昌

大沢 在昌 おおさわありまさ,1956年生まれ,山椒大夫,人生は、釣りとゴルフと酒とムニャムニャ実は
ゲームも大好き悪い噂(?)が絶えない困った奴 著作リスト/立ち読み

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

「ミステリーと私」 in 甲府

16/11/17

11月11日、山梨県甲府市にある山梨県立図書館にて大沢の講演会がありました。

 

山梨図書講演1.jpg 

 

大沢、じつはコチラで講演をするのは初めてではないのです。

3年ぶり、2度目。

講演の冒頭でお客様のリピート状況を確認したところけっこうかぶっていまして、

いくらテッパンネタ(演目)の「ミステリーと私」とはいえ...大丈夫か?

と少々心配もいたしましたが...杞憂におわりました。さすが。

練りに練られていますからね。スベるなんてことはありません。

10回近く聴いている私も、落語のように味わって楽しんでいます(笑)

 

山梨図書講演2.jpg

 

後半は同館館長の阿刀田高先生とのトークショー。

こちらも盛りあがりました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

(代理:ノリ)

 

あと...

この日は同会場で、「贈りたい本大賞」の表彰式もありました。

 

山梨図書講演3.jpg

 

青森再釣行

16/11/06

久しぶりの更新がまた魚...。(代理:ノリ)

大沢さんから写真が送られてきました。

予告どおり、カレイのサイズアップを狙った青森からです。

 

本命ゲット、お見事!

 

大沢青森2l2.jpg

 

と言いたいところですが...絵づらが地味ですねぇ。

擬態して堤防と一体化しそうですし。

あと、サイズを推測できる対象物もほしかったです。ペットボトルとか...。

 

つぎはお正月用の真鯛か!?

期待しましょう。

青森での釣果

16/9/13

大沢さんからメールで写真が送られてきました。

K川書店とK文社の担当編集者のみなさんと行った青森釣り旅行...

その釣果。

 

1609青森釣り1.jpg

 

マダイ、アイナメ、カレイ、ハゼ...ワタリガニまで...。

青森も裏切らなかった様子。

 

1609青森釣り2.jpg

 

で、唐揚げ。

しっかり揚がってますねえ。二度揚げで骨までいける感じでしょうか。

 

すっかり「ボウズ知らず」になったこの釣り同好会...

11月はサイズアップを狙って再度青森に行くそうです。

(代理:ノリ)

能登半島から 2016

16/8/08

北の国からじゃなく真夏の日本海。

昨年に続き、大沢と担当編集者による

能登半島遠征イカダ釣りが実施されました。

釣り当日に釣果写真がメールで送られてこなかったので、

「今年はボウズか?」と思いきや、

東京に戻ってからの打ち上げ会場には、大漁の魚が。

 

16大沢能登1.jpg

 

クロダイ、カワハギ、アジ、サバ、サヨリ...

能登は裏切らないようです。

 

さて、

これらの魚はどのように調理されていったのでしょう。

んんん...残念。

私、用事があって退散せねばなりませんでした。

以下、調理の途中経過、それも序盤のみの写真になります。

 

16大沢能登2.jpg

 

K文社の"鮫番"、T中氏が塩揉みしているのは、

 

16大沢能登3.jpg

 

タコ。

釣具屋さんでもらったそうです。

 

16大沢能登4.jpg

 

ダラーンとしていたのが、

茹でると立派な茹でダコになるのです。

これは間違いなくタコ飯の素材。

 

16大沢能登5.jpg

 

こちらは...しめ鯖ですね。

塩を振っているのは大沢。

と、写真はここで終わり。続きは来年の釣果で。

(代理:ノリ)

「山形小説家(ライター)講座」レポート

16/8/02

6月に大沢が講師を務めた、

「山形小説家(ライター)講座」のレポートです。

...といっても私や大沢がまとめたものではございません。

すごく立派なサイトがあるのです。

 

山形小説サイトl.gif

 

講座の内容は...「講座だより

池上冬樹さんとの対談は...「その人の素顔

 

それぞれバックナンバーが大変充実していますので、

他の作家の皆さんの講座の様子も

ぜひご覧になってみてください。

 

山形小説サイト2.jpg

 

(代理:ノリ)

嗜好と文化 2016

16/7/21

「嗜好と文化 2016 ‐ 推理作家のメソッド ‐」

主催:日本推理作家協会、毎日新聞社   協賛:JT

が、7月7日にイイノホールでありました。

 

JTイベ20161.jpg

 

第1部は「日本推理作家協会賞」の受賞者紹介。

今年「孤狼の血」で受賞された柚月裕子さんと選考委員の逢坂剛さん、

日本推理作家協会代表理事の今野敏さんによるトークです。

 

JTイベ20162.jpg

 

第2部は、第1部のお三方に有栖川有栖さんと東山彰良さん、

そしてそして、

(何年連続になるのか...)今年も司会を務めた大沢を含め6人によるトークショー。

登壇者が事前に提出したアンケート資料が充実しすぎていて、

時間が足りないぐらいでしたね。

楽しませていただきました。みなさまお疲れさまでした。

 

JTイベ20163.jpg

 

ちなみに大沢、

打ち上げ会場では早くも来年の司会も要請されておりましたが...。

(代理:ノリ)

山形小説家(ライター)講座

16/7/04

6月26日、山形小説家(ライター)講座の講師を大沢が務めました。

5年ぶりとのことですが、

この間にKADOKAWAで自ら小説講座を引き受け、

「小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない」

を刊行しただけあって、

ときにホワイトボードも使い、熱の入った講義となりました。

 

個人的には、普段は深夜に飲んだくれている印象が強い(失礼!)

ゲスト参加の編集者の皆さんが、

一流編集者のウデを見せつけるように講評をしていたのが印象的でした。

仕事をしているところはめったに見られないので、見直しましたよ。(失礼!!)

 

講座終了後は生徒の皆さんと親睦会、さらに2次会は日付が変わるまで。

講義の続きのように、けっこう真面目な(そうでもないかな...)

トークが展開されました。

皆さま遅くまで、お疲れさまでした。

そして...

講師であり講座の世話人でもある文芸評論家の池上冬樹さん、

ほんとうにお世話になりました。

 

大沢山形講座l.jpg

 

当日は同講座出身の作家、柚月裕子さんも最後までお付き合いくださいました。

大沢とかなり弾けた会話になっておりましたが...

つづきは7月7日のJTイベント

「嗜好と文化2016」のステージで繰りひろげられることでしょう。

楽しみにしております。

(今回はのんびり一泊の行程でした...ノリ)

 

 

でもしっかり往復の新幹線の車中では、駅弁をいただきました。

 

山形駅弁1.jpg

 

山形駅弁2.jpg

 

「ミステリーと私」 in 見附

16/5/31

日本雑誌広告協会での講演から中1日...

5月28日、新潟県見附市にある見附市文化ホールで大沢の講演会がありました。

見附市図書館主催なので、演題は普段にもどって「ミステリーと私」。

 

大沢見附1.jpg 

 

慣れた演目でリラックス...と思いきや、

手には先日のお堅いバージョンの講演時のときのようにレジュメがっ...。

じつはこれ、

見附市出身の詩人、1966年に21歳の若さで亡くなった矢沢宰(やざわおさむ)さんに

関わる資料なのです。

 

大沢見附2.jpg 

 

以前「ラジオ深夜便」に出演した際、若いころに影響を受けたことを語り、

その番組中に詩の朗読をしたこともあるのですが...。

今回は矢沢さんの地元ということもあり、

矢沢さんの詩との出会いに触れ、詩集「光る砂漠」にある詩の朗読にも挑みました。

 

大沢見附3.jpg 

 

いつもの「ミステリーと私」とはちょっとちがった構成の講演...

いかがでしたでしょうか。

 

大沢見附4.jpg

 

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

 

と...ここで見附市情報!!

今週末は「大凧合戦」が予定されています。

(大沢は参加しません)

 

大沢見附5.jpg

 

一度は観てみたいですね。(代理:ノリ)

 

東京駅で買って、行きの車中で食べた駅弁...

「鯵の押寿し」、お気に入りです。

 

大沢見附6.jpg

 

「売れない時代に本をつくる」...いつもと違う講演でした

16/5/27

「一般社団法人 日本雑誌広告協会」定時総会に

大沢が講師として招かれました。

 

記念講演の演題は...「売れない時代に本をつくる」

いつもの「ミステリーと私」ではありません。

 

出版、広告業界の方々(それも偉い人)に聴いていただくわけなので、

35年以上の作家キャリアから感じていた出版業界の問題や矛盾点を中心に

なんと事前に(前夜!)A4用紙7、8枚にもおよぶレジュメを作って

講演にのぞんだのです。

 

あまり褒めるとスタッフからの手前味噌みたいになってしまいますが...(苦笑)

面白かったですよ。

ネガティブな話題ばかりでしたけど、

そこは絶妙なタイミングで笑いを挟みこんで...さすが。

 

大沢雑誌講演l.jpg

 

講演依頼の幅が広がりそうな予感です。(代理:ノリ)

 

「ミステリーと私」 in 塩竈

16/3/25

3月9日、宮城県塩竈市にある塩竈市民交流センターで講演をしました。

塩竈市民図書館主催の平成27年度文芸講演会。

タイトルはもちろん「ミステリーと私」。

 

大沢塩釜講演1.jpg

 

当日は仙台まで新幹線、昨年全線復旧した仙石線に乗り換え本塩釜に向かったのです。

塩竈では少し時間に余裕があったので、お土産を買ってラーメンでも食べて会場入り...

と思ったら、目指したラーメン屋さんが臨時休業!

中途半端な時間だったせいか、ほかに開いているラーメン屋や定食屋を見つけられず...

結局、同行したノリノリの希望でお寿司屋さんへ。

お寿司はとても美味しかったのですが...講演前でお酒が飲めなかったのが残念でした。

 

講演は...

花粉症で少しのどの調子が悪かったのですが、

お客様があたたかく迎えてくださったおかげでとても話しやすかったです。

質問コーナーも盛りあがり、こちらも楽しめました。

 

大沢塩釜講演2.jpg

 

平日の夜にもかかわらず、寒い中お越しいただきありがとうございました。

 

そしてオイラはなんと...

原稿が終わっていなかったので、急いで東京の仕事場に戻ったのです。

まさか日帰りになるとは...トホホ。

 

 

大沢塩釜講演3.jpg

 

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11