宮部みゆき

宮部 みゆき みやべみゆき,1960年生まれ,安寿,カラオケとテレビゲームが大好き。怪獣とUMAに興味しんしん。怖がりのくせにJホラーにもハマり中。 著作リスト/立ち読み

   2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12   

NHKにて『桜ほうさら』ドラマ化

13/10/29

トップページの映画・ドラマ化をご覧になった方も多いかと思いますが。
安寿の『桜ほうさら』がドラマ化です。
来年のお正月1月1日にNHK総合で放送です。

そして原作の『桜ほうさら』(PHP研究所)のオビも変わります。
桜ほうさら_1029.jpg


念の為オビも大きく。
桜ほうさら2_1029.jpg

玉木宏さん演じる笙之介って、気になりますね(オーツカ・ハル)。

境港に行ってきました。

13/9/18

9月15日に鳥取県境港市にておこなわれました「怪フォーラム in とっとり -お化け大学校秋季集中講座2013@境港-」に安寿と一緒に行ってまいりました。
米子鬼太郎空港.jpg
米子鬼太郎空港到着です。

境港曇天.jpg
あいにくの曇天。

米子空港記念撮影.jpg
もちろん厨子王も一緒です。


水木先生お面.jpg
このお面が15,000枚用意されました。

水木しげる総長ブロンズ像.jpg
お化け大学水木しげる総長のブロンズ像にもお面が。

古事記朗読.jpg
今回の講座で安寿は古事記を朗読しました。朗読用の台本は、朝日新聞で連載されている安寿の『荒神』にイラストをつけてくださっている、こうの史代先生の『ぼおるぺん古事記』を使用させていただきました。平凡社さん、こうの史代先生ご快諾ありがとうございました。

上野先生と対談.jpg
朗読後、上野誠先生と古事記に関する対談がおこなわれました。
上野先生のとてもわかりやすいお話のおかげで、古事記がとても身近なものに。
50分があっという間でしたね。

物販宮部.jpg
境港駅前に特設された広場でサイン本の販売なども。安寿も自ら手売りです。
最新刊『泣き童子』(文藝春秋)のサイン本も販売されました。なんと金色の落款入り。
雨降る中ご購入くださった皆様本当にありがとうございました。

と、安寿のイベントレポートはここまでになります。
また近々に厨子王のブログも更新いたします。写真を選定しているのですが50枚近くに(オーツカ・ハル)。

TBSドラマ『名もなき毒』

13/8/08

皆様TBSドラマ『名もなき毒』はご覧いただけておりますでしょうか。
8月12日(月)20:00から、第二部スタートです。
名もなき毒使用可能写真.jpg
TBS『名もなき毒』公式ホームぺージでは、第二部の予告動画も配信されております。
いよいよあの子出てきますね。
相関図の女優さんが雰囲気ありますね。
読まれた方も、読んでいない方も、皆様どうぞお楽しみに!(オーツカ・ハル)

『蒲生邸事件(前編)』講談社青い鳥文庫

13/7/08

今月13日『蒲生邸事件(前編)』が講談社青い鳥文庫から刊行されます。
gamoutei_01.jpg
イラストは黒星紅白先生です。

挿絵ももちろん黒星先生です。
安寿がとても気に入っているご様子でした。
青い鳥文庫さんから、お許しいただいたので挿絵の一部をご紹介。
gamoutei_02.gif
『蒲生邸事件』を未読の皆様。この機会に黒星先生のイラストつきでお楽しみいただく、のはいかがでしょう。
後編は来月発売です(オーツカ・ハル)。

『泣き童子』文藝春秋

13/6/27

いよいよ明日6/28 『泣き童子』発売です。
配本は6/26なので、すでに並んでいる書店さんも多いかと思います。
nakiwarashi_0627.jpg
ツイッター上でも、入荷しましたという書店さんのツイートも数多く見受けられます。
「明日まで待てない」という方は、お近くの書店さんにお問い合わせしてみるとよいかもです。


「大極宮」のトップページにも『泣き童子』のバナーをアップいたしました。
立ち読みデータもアップしておりますので、まだ三島屋を読んだことないや、という方もぜひ一度立ち読みデータ覗いてみてくださいませ。

文藝春秋さんでも特設サイトができております。
文藝春秋『泣き童子』公式サイト

『泣き童子』はシリーズものではあるのですが、もちろん『泣き童子』から読んでも面白く(おそろしくもですが)お読みになることができます。

三島屋シリーズ未読の方も、是非この機会に足を踏み入れてみてください。
強烈ですよ(オーツカ・ハル)。

『泣き童子』(文藝春秋)

13/6/07

発売間近です。
nakiwarashi_cover.jpg
思いっきり泣いていますね。
先日も申し上げましたが、表題作強烈です。

もう画像が出回っており、すでにお気づきの方も多いかと思うのですが。
nakiwarashi_rakkan.jpg
題字は厨子王によるものです。
文藝春秋さんより、6月26日発売です。皆様お楽しみにどうぞです。

つい先日、PHP研究所さんより、『桜ほうさら』の付箋をいただきました。
sakurahousara_husen.jpg

これはPHP研究所さんの読者プレゼント企画で抽選で500名の方に送られているものです。応募は残念ながら終了しております。
三木謙次先生のイラストとても素敵ですね。

『桜ほうさら』の名セリフのご投稿もお待ちしておりますよ。
名ゼリフ大全のニュースをご参照のほど(オーツカ・ハル)。

「新装版 ブレイブ・ストーリー」(角川文庫)

13/5/30

角川文庫の「ブレイブ・ストーリー」の新装版が出るそうです。
ブレイブ_1.jpg
イラストは「ドリームバスター」でもお世話になりました山田章博氏です。


上中下巻でそろえるとこのようになります。
ブレイブ_2.jpg
ステキな一枚絵になります。
是非書店さんで確認してくださいね。

と、そういえば「ブレイブ・ストーリー」って色々出ているなあ、と。
ブレイブ_3.jpg
こちら単行本。

ブレイブ_4.jpg
こちら角川スニーカー文庫。

ブレイブ_5.jpg
角川つばさ文庫。

愛蔵版というのもあります。
ブレイブ_6.jpg
箱から出すとこのような感じに。
ブレイブ_7.jpg
いいですね。

さらに国外へ。
ブレイブ_8.jpg
英語版です。
金色のシールは「The Batchelder Award」受賞の証なのです。

ブレイブ_10.jpg
フランスでも出ました。
映画のワタルですね。

ブレイブ_9.jpg
韓国語版。

ブレイブ_11.jpg
簡体字版です。

ブレイブ_12.jpg
そして繁体字版。

ブレイブ_13.jpg
タイ語版。こちら是非本物をお見せしたいです。
上下巻棚に並べるとこのように。
ブレイブ_14.jpg
これすごいなあ。

ブレイブ_15.jpg
スペインでも。これRPG感ありますよね。

6月は新しい三島屋シリーズの『泣き童子』(文藝春秋)が出ます。
今度の三島屋は強烈ですよ。ホントにおススメです。
皆様是非是非お楽しみに(オーツカ・ハル)。

「荒神」(朝日新聞)

13/4/01

今さらですが、朝日新聞で宮部の小説連載がスタートしております。
タイトルは「荒神」。
kouzin_01.jpg
江戸時代の東北の山村が舞台となっております。

挿絵がまたステキなんです。
kouzin_02.jpg
挿絵は「夕凪の街 桜の国」「ぼおるぺん古事記」のマンガ家、こうの史代さんです。
なんてステキなタッグなんでしょう。
イラストを見るだけでも楽しいです。

読んでいる人だけしかわからないかと思うのですが、凄いの出てきそうですね・・・。
kouzin_03.jpg
私の仕事は毎朝、新聞の切り抜きからはじまります。
この仕事がとても楽しいんですよ(オーツカ・ハル)。

「桜ほうさら」

13/2/19

見本が届きました。とても綺麗です。もうすぐ発売です。
officegenkan3.gif
POPもとても綺麗です。
早速オフィスの玄関に配置いたしました。

officegenkan2.jpg
玄関口にある棚には三人の最新刊『眩談』『冬芽の人』『桜ほうさら』が並んでおります。
黄色にピンクにピンク。

officegenkan.gif

オフィスに来るお客様を、便所紙『眩談』『冬芽の人』『桜ほうさら』桜の花びらを模したPOPがお出迎えしております。

『桜ほうさら』発売日まであと少し(オーツカ・ハル)。

「桜ほうさら」

13/2/06

安寿の最新刊が2月27日にPHP研究所から発売されます。
sakurahousara_cover.jpg
タイトルは「桜ほうさら」。
とても綺麗なカバーになっております。


今月発売のダヴィンチ3月号が、「桜ほうさら」をとりあげてくださっております。
sakurahousara_davinch.jpg
主要登場人物の相関図なども付いております。
連載されていた「文蔵」以外での情報解禁は初めてのものかと。
安寿の最新刊が気になっている皆様。ダヴィンチ3月号を要チェックですよ。

発売日は2月27日です。もう少しお待ちくださいね。

   2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12