宮部みゆき

宮部 みゆき みやべみゆき,1960年生まれ,安寿,カラオケとテレビゲームが大好き。怪獣とUMAに興味しんしん。怖がりのくせにJホラーにもハマり中。 著作リスト/立ち読み

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

宮部より関係者さまへのお知らせです。

15/12/02

 来年より諸般の事情により、年賀状は失礼させていただきます。
 何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

miyabe_151202_in.jpg

ドラマ木曜時代劇「ぼんくら2」撮影現場...オマケ写真

15/11/18

連続ドラマ「ぼんくら2」...放送中です。

今シリーズは全7回ですので、今週からは後半部分。

怪しい人がさらに増えます。と言いますか...

木戸番、友兵衛役の秋野太作さんが面白すぎ(笑)

出番は少ないですが...その動きから目が離せません。(代理:ノリ)

 

以下、京都松竹撮影所にて...

「ぼんくら」ファーストシーズン、鉄瓶長屋のその後。

 

ぼん2京都オ1.jpg

 

これは専門用語でなんと言うのでしょう。

スモークでよいのでしょうか...。

 

ぼん2京都オ2.jpg

 

エコな運搬車...通称ターレ。

正式名称は、ニチユ三菱フォークリフト社製「エレトラック」。

 

ぼん2京都オ3.jpg

 

もっとエコな台車。

前面に描かれている絵は、

背中の剛毛、等間隔の足、蝶ネクタイ...と、ツッコミどころ満載な猫。

尻尾が3本ということは、猫又の上をいく猫妖怪最強の猫ショウでしょうか。

  

ぼん2京都オ4.jpg

 

映画「超高速!参勤交代 リターンズ」の撮影もおこなわれておりました。

松竹配給、公開は来年です。

 

ぼん2京都オ5.jpg

 

ドラマの詳細は公式サイト...「ぼんくら2」でご確認くださいませ。

ドラマ木曜時代劇「ぼんくら2」撮影現場

15/10/20

連続ドラマ「ぼんくら2」...先週の22日から放送が始まっております。

第1話、いかがでしたでしょうか。

まだまだシリーズ第2弾なのですが、安定感があると思いませんか。

昨年に続いてこの夏、撮影現場の松竹京都撮影所を見学させていただいた際は、

10年ぐらい続いているドラマのような雰囲気でした。

60代、70代、80代といったご高齢のスタッフさんが多いせいもありますが...(笑)

あっ、でもでも皆さん動きは素早いんですよ。仕事ぶりは年齢を感じさせません。

以下、撮影所の写真です。(代理:ノリ)

 

オープニングでおなじみの橋の上から。

 

ぼん2京都1.jpg

 

差し入れは、錦糸町「山田家」さんの人形焼。

宮部からの差し入れの定番です。

 

ぼん2京都2.jpg

 

幸兵衛長屋付近。

 

ぼん2京都3.jpg

 

美味しそうですけど全部作り物ですからね。

 

ぼん2京都4.jpg

 

「なまず堂」

 

ぼん2京都5.jpg

 

平四郎!

 

ぼん2京都6.jpg

 

岸谷さんは猛暑の中、現場を盛り上げ、まとめていらっしゃいました。

 

ぼん2京都7.jpg

 

食事のシーンはとうぜん本物の食材なわけで...

ありとあらゆる小道具を手配する浅居さん。お疲れさまです!

 

ぼん2京都8.jpg

 

放送はNHK総合、木曜午後8時から。

再放送は、翌週火曜午後2時5分からです。

ドラマの詳細は公式サイト...「ぼんくら2」でご確認くださいませ。

ドラマ木曜時代劇「ぼんくら2」制作発表会見

15/10/15

昨年に続き、

宮部の小説"ぼんくら同心平四郎"シリーズが連続ドラマになります。

原作は第2弾の「日暮らし」(講談社文庫)。

ドラマタイトルは「ぼんくら2」。

放送は10月22日から。全7回。

 

ぼんくら2会見1.jpg

 

【NHK番組広報資料に寄せた宮部のコメント】

 昨年に続いて「ぼんくら」シリーズをドラマ化していただきました。

 今回はシリーズ二作目に収録され、小説のタイトルにもなっている「日暮らし」が原作。

 "ぼんくら"同心・平四郎のイメージ通りだった岸谷さんをはじめ、大満足のキャスティングがそのままということで嬉しいかぎりです。

 残念ながら今年は撮影現場にお邪魔することはできませんでしたが...と言いますか、8月は40度近い暑さの中での撮影だったとうかがいました。

 スタッフ、キャストのみなさまお疲れさまでした。

 そんな過酷な撮影をチームワークで乗りきった今作は、きっと心温まるドラマになっていることでしょう。

 一視聴者として楽しませていただきます。

...以上。

 

制作発表会見の様子。

 

ぼんくら2会見2.jpg

 

壇上、実際は5人だったのですが...

おとなの事情でジャニーズ所属の風間俊介さんは掲載できないのです。

陰のある佐吉役を見事に演じた風間さん...ぜひドラマでご確認くださいませ。

あと、

前作から唯一変更になったキャストは葵役。

サトエリさんの出産予定が撮影期間と重なっていたため...

(サトエリさん、ご出産おめでとうございます!)

小西真奈美さんになりました。

小西さん、めちゃめちゃカワイイ!!

版元の編集者から「他の人も撮ったらどうですか...」

と注意をされるほど小西さんの写真ばかり撮ってしまいました。お恥ずかしい...。

 

ドラマの詳細は公式サイト...「ぼんくら2」でご確認くださいませ。

NHK総合にて、第1話放送は10月22日(木)午後8時からです。

(代理:ノリ)

「怪フォーラム2015 in とおの 」宮部版。

15/10/05

今年は、宮部も参加しました「怪フォーラム2015 in とおの」。
miyabe_toono_03.jpg

予定では『遠野物語retold』を京極と宮部で朗読だったのですが、急きょ企画を変更。
来年春汐文社から発売される『えほん 遠野物語』4冊(テキストは全て京極が担当)を朗読することになりました。
詳細はこちらから汐文社 「えほん 遠野物語」

miyabe_toono_1.jpg
お化け大学校公開講座1時限目です。

「えほん 遠野物語」4タイトルを宮部と京極が交互に朗読いたしました。

miyabe_toono_05.jpg
朗読終了後トークショウも。

miyabe_toono_01.jpg
講座終了後物販にも参加しました。
サイン本は瞬く間に完売。
ここで宮部の出番は終了。

miyabe_toono_02.jpg
会場近くの広場にておこなわれていた民俗芸能ステージのリハーサルの見学です。
その後、ソフトクリームを食べたり。お昼過ぎには一足先に帰りました。

一方京極はここからが長いんです。
また更新します(オーツカ・ハル)。

新連載スタートします。

15/5/27

6月1日から日本経済新聞にて、宮部の「迷いの旅籠」がスタートします。
日経からのお知らせ
皆さんお待ちかねの三島屋の続きです。
お付き合いのほどよろしくお願いします。

先日、韓国の出版社Booksphereさんがオフィスにお見えになりました。
booksphere_0527_05.jpg
Booksphereさんが設立十周年を迎えるとのことで、それに合せて『ペテロの葬列』刊行が予定されております。
そのイベントの一環として、韓国の一般の読者それも日本語ができる方三名によるインタビューがおこなわれました。
杉村三郎と
菜穂子のあの結末についての話なども。

お土産を頂きました。
booksphere_0527_01.jpg
素敵な落款をいただきました。

booksphere_0527_02.jpg
鍵付きの木の箱も。宮部はアクセサリーを入れるのに使うそうです。
これ大きくて重いんですよ。移動も大変でしたよね。ありがとうございます。

いま「オール讀物」に杉村三郎の新作「彼方の楽園」が掲載されています。
6月号と8月号に掲載されます。『ペテロ』後の杉村が気になっている方、チェックしてくださいね(オーツカ・ハル)。

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』まだまだ公開中!

15/4/30

GWに入りました。

映画館では洋画も邦画も大作封切り、目白押し!

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』もまだまだ公開しておりますよ。

 

そこで...『後篇・裁判』撮影中の様子を写真でご紹介いたします。

以前もこのコーナーに載せましたが、裁判シーンを撮るための体育館は

「東映東京撮影所」の一番大きい第6スタジオにセットを組んだものでした。

そして隣にある2番目に大きい第5スタジオがなんと控室。

ゼイタク...と思われるかもしれませんが、

エキストラだけでも連日300人とか集まるわけですから当然ですね。

ここで弁当を食べたりします。

 

150430宮部1.jpg

 

これだけ多くの人が出入りするのですから忘れ物や落し物も出てきます。

 

150430宮部2.jpg

 

で、エキストラの皆さんは基本的にボランティア。

現場までの交通費も自腹です。弁当や飲み物は支給されますが...。

そのかわり1日の参加につき1つ記念品がもらえるんです!

丸一日拘束の対価なので...

見学者の分際で、「見本にひとつください」とは言えませんでした。

 

150430宮部3.jpg

 

体育館。

裁判シーンのセット。

美しいシンメトリー...。

 

150430宮部4.jpg

 

平均台もいい案配にハマっています。

 

150430宮部5.jpg

 

あと、折りたたみイスの一つ一つにこんなシールが貼ってありました。

絶対に映らないと思いますけどね...(笑)

 

150430宮部6.jpg

 

こういう凝り方...嫌いじゃないです。

 

映画の詳細は公式サイトでご確認くださいませ。

(代理:ノリ)

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』公開中!

15/4/17

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』が公開となりました。

おかげさまで週末興行成績第1位! ありがとうございます。

劇場によってはまだ『前篇・事件』もかかっておりますので、ぜひ連チャンで...。

 

その『後篇・裁判』公開初日...

「新宿ピカデリー」で舞台挨拶がありました。...といいますか、

普通の舞台挨拶じゃなかったんです。なんと卒業式!

成島監督から中学生キャストのみなさんへの卒業証書授与式というサプライズです。

 

150417宮部2.jpg

 

粋な演出でございますよ。

プレス写真のときもその卒業証書を持って撮影。嬉しそう!

みんなが集まる最後の機会だったんですね。お疲れさまでした。

 

150417宮部3.jpg

 

で、控室には...

寄せ書きサインが入ったポスターが置いてありました。

藤野涼子役の藤野涼子さんのサイン(真面目さがにじみ出てます)。

小説の登場人物が実在するという不思議...。

 

150417宮部1.jpg

 

寄せ書きポスターは「新宿ピカデリー」に展示されています。

新宿にお出かけの際はチェックしてみてください。

舞台挨拶の詳細は公式サイトでご確認くださいませ。

 

と、ここで...

「新宿ピカデリー」情報を。

舞台挨拶のとき、スタッフ・関係者の控室となったのは、

同劇場5階のプラチナルームフロアー!

失礼ながら、こんなセレブなエリアがあることをこの日まで知りませんでした。

 

150417宮部4.jpg

 

専用ラウンジにはオシャレな写真集なども置いてあるんです。

 

150417宮部5.jpg

 

...驚きました。

(代理:ノリ)

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』まもなく公開!

15/4/09

映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』が公開中ですが...

いよいよ今週末から『後篇・裁判』も公開となります。

舞台挨拶などの詳細は公式サイトでご確認くださいませ。

 

ところで...

この映画は昨年の夏に全国各所で撮影されたのですが、

物語の冒頭はクリスマスの朝、それも前夜は大雪という設定です。

なので真夏に真冬のセットを作っての撮影となるのです。

大量の塩と綿を使うと...校舎はいっきに雪景色に!

 

150409宮部1.jpg

 

スタッフはとってもプロフェッショナルなので、

余分なところにまで雪を付けません。カメラに映り込む範囲だけ。

この木も半分だけ雪をかぶっていました。

 

150409宮部2.jpg

 

で、校舎の屋上に行ってみると...

おお! 柏木卓也役の望月クンの周りだけ大雪。

 

150409宮部3.jpg

 

望月クン、この日は午前中に雪に埋もれるシーンも撮っています。

代役なしでお疲れさまでした。

 

150409宮部4.jpg

 

前後篇合わせて4時間をこえる超大作、ぜひご覧くださいませ。

前篇をまだ観ていない方は連チャンで...(笑)

エンディング曲、U2「With Or Without You」のボノの歌声が感動を増幅させます。

(代理:ノリ)

映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』公開中!

15/3/20

映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』公開中!

主演の藤野涼子さんは舞台挨拶で大忙し。今週末の3月22日は大阪のようです。

お近くの方はぜひ劇場へ足を運んでくださいませ。 詳細はコチラ...公式サイト

彼女は4月から高校生になります。女優業と学業の両立。ぜひ応援を!!

 

 

さてさて、原作者の宮部...

制作発表に登壇しましたが、撮影現場も見学に行きました。

そしてこれまでに、以下のようなコメントを出しております。

 

【プレス資料用コメント】

本作の映画化に、成島出監督が大変な誠意と熱意でのぞんで下さっていることをとても嬉しく思います。本作は、長い時間を費やして構想を練り、9年にも渡る連載期間を経て書き上げた思い入れの強い作品ですが、成島監督ならば、きっと力強い映像世界を作ってくださるだろうという信頼をもってお任せしました。

ただ、本作は中学生たちの物語です。大人とも子供ともいえないどっちつかずの年頃のさまざまな微妙な感情を、演技で表現するのは並大抵なことではないだろうと不安も感じました。

しかし先日、撮影現場に伺った際に、その懸念は絶大な期待へと変わりました。主人公・藤野涼子をはじめ、中学生たちが物語の中から飛び出し、まさに私の目の前に実際に存在して、動き、会話をし、そして苦悩し、真実を求めようとしている。そのリアリティに心から感激しました。原作を越えてさらに広がりをみせる映画の世界が堪能できることを今から楽しみにしています。

 

【映画完成後のコメント】

映画を観た後しばらく立ち上がることができませんでした。

監督をはじめ映画化に携わったすべての方々に敬意を表します。

 

 

写真は、去年の夏に撮影現場を見学に行ったときのものです。

 

150320宮部0.jpg

 

場所は東京都練馬区大泉にある「東映東京撮影所」。

そこで一番大きい第6スタジオにセットが組まれておりました。

 

150320宮部1.jpg

 

なんと裁判シーン(後篇)を撮るために、ロケでつかった体育館を丸ごと再現!

モニターでチェックする成島監督の後ろで宮部も演技に見入っています。

 

150320宮部2.jpg

 

めったに見ることができない撮影現場。小道具や資料にも興味津々な様子。

 

150320宮部3.jpg

 

感動しきりの宮部...

撮影の合間に感謝と激励の言葉を述べました。

メガホンを持つ姿は超貴重ですよ。

関係者の皆さん、その節はたいへんお世話になりました。

(代理:ノリ)

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11